しらすの雑多箱

趣味を雑に書きつづるブログです✌︎(՞ةڼ◔)

【プレイアーツ改】PREDATOR プレデター(1987) レビュー

みなさんこんにちは!雑多箱のゴミムシです。今回は本ブログ2本目のフィギュアレビューになります!今回レビューするフィギュアはこちら!

(背景がA4の紙貼り合わせただけなのは許してね)


f:id:shiragomimushi:20210214003711j:plain

「いたぞおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

ープレイアーツ改 プレデター(1987)ー

発売時期-2015年4月
参考価格-12960円(税込)
全高-約28cm

f:id:shiragomimushi:20210214003733j:plain
パッケージ裏はこんな感じ

f:id:shiragomimushi:20210214003815j:plain

本体付属品ははこのように収納されてます!
付属品類は、手首6種、頭蓋骨、バイオマスク、差し替え用の口、プラズマキャノン、台座
となっています!

f:id:shiragomimushi:20210214004111j:plain
まずはぐるっと本体。このプレイアーツ改というブランドは独自のアレンジや解釈を用いてフィギュアを構築していくのが特徴のシリーズですが、今回のプレデターに関してはアレンジは控えめになっています。(その後発売した別のプレデターはアレンジマシマシですが笑)

f:id:shiragomimushi:20210214012543j:plain
約9cmのジュースの缶と比べるとサイズがクソデカいのがわかる。

f:id:shiragomimushi:20210214005204j:plain
背面。若干膝の関節が目立つかな。
実は前々から欲しかったフィギュアだったんですが、高騰しまくっててなかなか買えませんでした(Amazonでは30000円とかに...😭)
しかしたまたま某オークションに出てるのを見つけてなんと定価以下の8000円ほどで購入。ツイてましたね〜

f:id:shiragomimushi:20210214005645j:plain
f:id:shiragomimushi:20210214005700j:plain

全身はめちゃくちゃマッシブでくっそイケメンです!先程プレイアーツらしいアレンジは控えめとは言いましたが、全身のバランスや筋肉量などは凄いヒロイックなシルエットになるようモリモリになってますね!

そして次は可動域の確認だ!
f:id:shiragomimushi:20210214010250j:plain
f:id:shiragomimushi:20210214010705j:plain
まず前屈と仰け反り。前屈は気持ち程度だけど、仰け反りは割と行くね。

f:id:shiragomimushi:20210214012447j:plain
腕の可動。水平にはここまで、左肩はアーマーが着いてる関係で若干低め。ちなみに左肩は水平にあげる為の隙間を設けてるからなのか若干肩とボディの隙間が目立ちました。

f:id:shiragomimushi:20210214125611j:plain
腕は二の腕のロールと肘の可動があり、肘は90°程曲がります。
f:id:shiragomimushi:20210214125724j:plain
足はここまで開きます。クリック関節になってるため広げるたびにカチカチ音がするので若干怖いですw
f:id:shiragomimushi:20210214125835j:plain
足の前後と膝可動。個人的に膝の関節が結構固いように感じました。(勢いよく曲げたせいで膝パーツで指挟まれて負傷したのは内緒)

f:id:shiragomimushi:20210214130137j:plain
ちなみに、首の可動域もそこそこ広いのですが、その弊害として首のボールジョイントが割と目立ちますね

可動はこんな感じ!次は付属品とか色々見ていきます!

f:id:shiragomimushi:20210214130348j:plain
1番目立つのはやっぱこれだよね!プレデター英知の結晶プラズマキャノン!人間くらいなら1発で木っ端微塵になるハイテク武器です!
f:id:shiragomimushi:20210214130509j:plain
このように肩に接続することができます!
プラズマキャノン自体もヒンジやジョイントでグリグリ動かせるので表情付けも容易ですね!

f:id:shiragomimushi:20210217225957j:plain

造形塗装共にキメ細かくてナイスです!

f:id:shiragomimushi:20210214130639j:plain
また、プレデターのご尊顔もパーツ付け替えで変更することができます。

f:id:shiragomimushi:20210214130742j:plain
デフォルトの顔から...f:id:shiragomimushi:20210214130806j:plain
パーツを外して...
f:id:shiragomimushi:20210214130829j:plain
グアーーッッ!!
口を開いたパーツも見事な塗装と造形で再現されています!
この顔パーツに限った事ではありませんが、このプレデター、全身がクリアパーツの上から塗装されてたり、ツヤ出し加工が施されてたりすることで独特のヌメヌメ感を演出してるんですよね〜!これはすごい!
f:id:shiragomimushi:20210214132001j:plain
たなびいてる感じのドレッドヘアーもクリア樹脂でグラデーション塗装されてました。

あと余談なんですけど、上に載せた口を閉じた状態の顔、これめっちゃしっかり閉じてくれてるのが個人的には超ナイスな感じでした。というのも、プレデターってゲームとかフィギュアとか色んな媒体で登場してますけど、口閉じてるのか開いてるのかハッキリせいみたいな中途半端な感じの口閉じが多い気がするんですよね。
フォートナイトと先日コラボしたプレデターも若干開きかけみたいな感じでかっこいいけどちょっと残念だったんですよね〜
f:id:shiragomimushi:20210214131659j:plain
ちょっと開いてね?


f:id:shiragomimushi:20210214131749j:plain
本筋から逸れてしまいましたが、もちろんバイオマスクも装着することができます。
f:id:shiragomimushi:20210214131828j:plain
f:id:shiragomimushi:20210214131844j:plain
この姿もイケメンなんじゃ〜。力を認めた相手にだけ素顔を見せるのがたまらん

f:id:shiragomimushi:20210214132104j:plain
f:id:shiragomimushi:20210214132116j:plain
リストブレイドは差し替えではなく引き出し式。しっかり引っぱらないと出てくれないので固定もバッチリ。

f:id:shiragomimushi:20210214132200j:plain
f:id:shiragomimushi:20210214132213j:plain
透明化から自爆までなんでも出来るガントレットも開閉可能でした。

f:id:shiragomimushi:20210214132305j:plain
そしてこれは特徴的な手首パーツ。この手首、他のにはないスリットが設けられていまして、f:id:shiragomimushi:20210214132350j:plain
この頭蓋骨パーツの凸ピンと合わせることで...f:id:shiragomimushi:20210214132416j:plain
このように頭蓋骨を持った状態にできるんですね〜!何だこのこだわりようは!嫌いじゃないわ!

ということでだいたい全て見終わりましたので、テキトーにポーズをつけていきましょう!
まずはこの名シーン!
f:id:shiragomimushi:20210214132629j:plain
バイオマスクを取る狩人...
f:id:shiragomimushi:20210214132734j:plain
その顔があらわになります!
f:id:shiragomimushi:20210214132757j:plain
そして咆哮! 「なんと醜い顔なんだ....」

f:id:shiragomimushi:20210214133302j:plain
ダッチ少佐もこの顔である

f:id:shiragomimushi:20210214133401j:plain
リストブレイドを使った斬撃とかも様になるよね!f:id:shiragomimushi:20210214133441j:plain
トロフィーをもって咆哮。何しててもイケメンなんじゃ
f:id:shiragomimushi:20210214133536j:plain
プラズマキャノンを打つ手前みたいなイメージ
f:id:shiragomimushi:20210214133623j:plain
ガントレットの操作。手を前に持ってくるのは割と慣れが必要でしたね。写真に撮ると様になってるのでヨシ!
f:id:shiragomimushi:20210214133727j:plainf:id:shiragomimushi:20210214133747j:plain
f:id:shiragomimushi:20210214133801j:plain
マスクを被ってのアクション。表情が分からないことで無機物感が増えて''得体の知れない恐怖''って感じがさらに出ましたね〜!
2m30cmの巨体でこんな奴が出てきたらすぐ気絶する自信ありますw

f:id:shiragomimushi:20210218111144j:plain
f:id:shiragomimushi:20210218111159j:plain

「ジャングルハンター」のイメージで野外撮影してみたりとかもいいね!

【総評】
全高28cmというビッグサイズながら非常にクオリティは高く維持されており、クリック関節を使っていることによってポーズの固定などもしやすく、可動フィギュアとしてもしっかりまとまっていました。塗装もつや消しとつや出しの箇所のメリハリがついていることで独特のヌメリも再現されててさすが定価13000円くらいするだけはあるな〜と感じました。ただ自分はたまたま安く買えたので良かったですが、今は安くても2万前後でしかネット販売はされていないので、手に入りづらい点はネックになってますかね。プレイアーツ改からは別にとんでもないアレンジが極まってる鬼プレデターも出てるので、いつかはそっちも購入してみたいですね。

以上、雑多箱のしらすでした!
ほなまた次回!ばいならー

【真骨彫製法】S.H.Figuarts 仮面ライダーオーズタマシーコンボ レビュー

雑多箱のゴミムシです^U^
本ブログ一発目の記事は、「S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーオーズタマシーコンボ」のレビューになります

ブログになれていないので画像サイズ、画質などバラバラですがお許しを!m(_ _)m


f:id:shiragomimushi:20210116024719j:plain

【商品名】S.H.Figuarts 真骨彫 仮面ライダーオーズタマシーコンボ
【販売方法】魂ネイション2020限定商品(現在は予約不可)
【価格】7150円(税込)

f:id:shiragomimushi:20210116024734j:plain

まずは外箱から!真骨彫製法ならではの高級感のある外箱と写真になっています!!

f:id:shiragomimushi:20210116024907j:plain

付属品はこんな感じ!オースキャナーと変えの手首が6種、そしてメダル取り出し用のピンになってます。
最近のフィギュアーツならもうちょい付属品多いところですが、実はこのタマシーコンボ、映画限定フォームなんですが劇中で1分しか登場してないんですよねw
だからまあ仕方ないっちゃ仕方ないんだけどちょっとさびしいよねw

f:id:shiragomimushi:20210116025308j:plain

気を取り直して本体見ていきましょ!サイズは男性フィギュアーツは共通で15~16cmなので今回もそんな感じですね。肩についてる「オレノツノ」が割とデカいので素立ちでも結構キマリます!

f:id:shiragomimushi:20210116025627j:plain

背面。このフォームは劇場版『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー!!』において、物語のクライマックスで火野映司が変身したフォームになります。タカコアメダルの「タカヘッド」
モモタロスのイマジンコアの「イマジンアーム」
ショッカーグリードの「ショッカーレッグ」から構成される特殊フォームですね!

f:id:shiragomimushi:20210116030157j:plain
f:id:shiragomimushi:20210116030217j:plain

次は可動域の確認!腰と胸の可動のおかげで前後にはこのくらい曲げることができます!

f:id:shiragomimushi:20210116030458j:plain
f:id:shiragomimushi:20210116030514j:plain

尚このように胸のオーラングサークルをひとつ取り外すと、見た目は気になりますが驚異的な前屈を見せてくれますw

f:id:shiragomimushi:20210116030610j:plain

股、膝可動と腕可動はこんな感じ。

f:id:shiragomimushi:20210116030732j:plain
f:id:shiragomimushi:20210116030746j:plain

そしてオーズの真骨彫の真骨頂はここからです!(シャレじゃないよ!)
なんと肘と膝関節の下にロールがあるんですね!
二の腕のロールと合わせてポージングを取らせれば従来のフィギュアーツよりもより人間的になるかと思います!

f:id:shiragomimushi:20210116031004j:plain
f:id:shiragomimushi:20210116031306j:plain

股と肩はそれぞれここまで上がります。腕は水平以上上がりますが股はギリ80度って感じかな〜

f:id:shiragomimushi:20210116031652j:plain

ということで可動域が見終わったのでポーズを取らせてみましょう!
まずは変身!オースキャナーでコアメダルをスキャン!
『タカ!イマジン!ショッカー!!タマシー!タマシー!タマシー!タマシー!ライダァァァァァッッッ!!!ダ!マ!シ!イ!』

f:id:shiragomimushi:20210116031822j:plain

そして変身直後のポーズ!オーズがゆっくり歩きながら変身するシーンは印象的でした!

f:id:shiragomimushi:20210116031849j:plain

そしてショッカー首領に向かってエネルギーをチャージ!そこから放つ最強の必殺技!

f:id:shiragomimushi:20210116032107j:plain

「セイヤァァァァァアッッッッ!!!」
魂ボンバー!!うひょーかっこええーー!!

かっこええーー.....なんだけど、このフォーム、これで見せ場終わりなんだよねw公式サイトとかの商品のサンプル画像がやけに少ないのもそのせい。
基本劇中やってるポージングこれで終わりだから最後はオリジナルのポージングで終わり!
f:id:shiragomimushi:20210122005330j:plainf:id:shiragomimushi:20210122005420j:plain
これぞオーズ!って感じの腰落とし気味のポーズ!
(めっちゃかっこいいからこれで飾ろっかな....)

【総評】
最後に総評!基本的にはクオリティの高い真骨彫製法ですし、オーズはその中でも肉肉しくてマッシブな素体なのでめちゃくちゃかっこよく仕上がってますし、つや消しとつや出しの塗装もいい感じで塗装ハネ等もありませんでした。割と高騰しがちなオーズ真骨彫シリーズですが、アマゾンだとプラスで定価の1000円増し以内で買えるのでオススメです!だいたい8000円くらいかな?(1月現在)
以上!ゴミムシのレビュー一発目でした!
ほな〜

ブログ開設いたしました!

どうもこんにちは^^
雑多箱のしらすです。この度ブログ開設をいたしました!はてなブログは完全初見なので手探りではありますがフィギュアレビュー等趣味の事を書いていこうと思いますので、温かく見守っていただければと思います!
オナシャス!センセンシャル!